FC2ブログ

没意思生活、好好照相

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-09 [ Thu ]


というわけで桂林・陽朔でした。季節を変えてまた。



スポンサーサイト
2006-02-08 [ Wed ]



船頭のおじさん。
「慢慢走。」って声かけながらゆっくりゆっくり進む。

途中途中で川に段差があってその度に舟を押すの手伝わされたり、
ノド乾いたーーーっつってワシの水飲み干したり、
でも大変な重労働。3時間後にはヘロヘロになってた。お疲れ様っした。



2006-02-07 [ Tue ]





村からバンブーボートで3時間の川下りクルージング。
このおじさんとワシだけが乗った筏はゆっくりゆらゆら出発。
偏平足の足休め。


木も緑、水も緑。花がひときわキレイに見える。






2006-02-06 [ Mon ]



村を目指してどんどん進む。気味悪いくらい静か。
川が見えてきた。



んー桂林すごいすごい。久々に写真見直して改めて思った。




2006-02-05 [ Sun ]


村へ行く途中の売店で。
このゲーム、桂林の街中でも大勢テーブルひろげてやってたけど何て名前だったか。
聞いたけど忘れた。しばらく見てたけどルールつかめず、札の意味わからず。
でも白熱してて面白そう。チップの手作り感がいいね。



2006-02-03 [ Fri ]


陽朔から遠く離れた村へ行く途中。しこたま迷う。



こんないったいどこへ来てしまったやら、どうやって戻ったらええやら
右も左もまるで分からなくなる場所は嫌いではないです。







2006-02-02 [ Thu ]


西街から外へ。自転車で。

もー暑くて熱くて。太陽をさえぎるものはないし。半袖しかないし。
日差し浴びただけで腕に激痛がはしるくらい焼けた。
ちょっとしたやけどだよ。何にせよその記憶が一番強いや。





『世界のフルーツを喰らう。』更新してます。きんかん問答に終止符。
2006-01-31 [ Tue ]


西街。夜。

白人旅行者が多いこの街の食堂のメニューは
やっぱりハンバーガーにポテトにチキンにパスタ・・・
夜23時を回ってもご覧のにぎわい。


でもにぎやかなのは狭い狭いこのメインストリートだけ。

西街を後ろにして歩けばすぐに中国の日常が広がる。
畑を耕す人々、そこら中に突起する山々、水牛、川、田んぼ、筏、花、太陽。
西街のにぎわいとはかけ離れた時間が流れてる。


この街と外の大自然の隔たりはまことに珍妙極まりない。



2006-01-30 [ Mon ]


陽朔の西街。山がすぐソコにある。

観光客が多く集まる。特に白人旅行者がたくさん。
だから狭い街におしゃれなカフェが所狭しと立ち並ぶ。



一番右の写真。
座ってるおじさん達は磁石も電池もついてないのに
ぴょんぴょん動く不思議な人形を売ってる。

日本でもたまーに「ジョニー君」て名前で駅前とか公園とかで売ってるんだけど、
日本の場合は群集に交じったさくらが動かしてるんだ。

でも中国ではおじさんが1人で糸を操って1人で販売してんの。
だからみんな片手隠してるでしょ。もちろんあんま売れてないのよね。
せめて少し離れて商売すればいいのにねぇ。



もし日本で見ることがあったら、人だかりを注意してみるといいよ。
よーく見ると売り子の正面か真横側に必ず糸を操ってる不自然な輩がいるから。
糸の隠し方、さくらとの連携プレイ、観客のだまし方物凄く巧妙だから面白いよ。

でも売り子とさくらの操り人の間にバッグとか投げたり、横切ろうとすると
マジギレされるからやめようね。上野公園で大人気なく邪魔し続けたら一喝されますた。

もし500円なり払って買ってみてもきっと
紙切れ一枚と糸クズ一本だけなんでしょうけど、まぁ詐欺ではないよねぇ。


明日も西街。
2006-01-29 [ Sun ]


桂林から川を下った先の街、陽朔。
子ども。ペットボトルに水を入れては投げて入れては投げて。


自然とかほとんど撮らないんで、
桂林の山水画な風景だけとかは全然撮らなんだ。
自然を上手に撮る方はなんぼでもいるしね。


でもこの陽朔、とても奇妙な街。
なんともおもしろいのだけどそれはまた明日。


そだそだ。
新年快楽!!!
中国だと今日がお正月だわね。春節みてみたいなぁ。
2006-01-28 [ Sat ]


桂林。漓江下遊。

家畜が見えますね。
どの写真もそうなんですが、クリックで大きくなります。






昨年末の旅行以降ちっとも写真撮ってないんだよね。
だもんでしばらくは、そういやーこんなとこ行ってきた編。
2005黄金周。桂林。




前回の記事書いてて思ったんすけどー、
この真っ黒背景ってのがコメントを書きにくぅしてるんでしょうか??
こんなのとかこんなのに変えてやろうかしら・・・
2005-12-14 [ Wed ]


故宮。

ここは圧巻。あまりにでか過ぎて眩暈がする。

北京は自転車に乗って回った。
テレビでよく目にした北京の自転車の波に乗ってみたかったから。
でも昨年走ったときは、多いのは多いが
イメージにあったよりもずいぶんと少ないと感じた。
自転車が幾重にひしめきあう感じはぜんぜんなかった。

ここ数年で自家用車が増えたのと、地下鉄の浸透で大幅に減っているそうだ。
自転車用道路もずいぶんと狭まったとか。。。

さびしい気もするけど、北京の楽しさはほかにも色々。
また季節を変えて行きたいすね。冬は風情はあるけど、寒すぎる。
2005-12-13 [ Tue ]


朝早起きして万里の長城行きバス停留所まで移動。
もうすぐ目撃することの期待に胸躍る。
10:00ごろ出発。
バス停車。歴史蝋人形館を観光。自腹。
バス停車。おみやげ屋で1時間。
バス停車。昼ごはん、自腹。
バス停車。明十三稜を観光。自腹。
バス停車。おみやげ屋で1時間。
バス停車。15:30。八達嶺長城着 

むかっ腹立った。もう陽は傾きかけてるやないか!!
あとで聞いたとこによると元々こういうバスらしい。50元。

ようやく目にした長城は馬鹿馬鹿しいにもほどがあるとんでもない建造物だった。
写真にあるように陽のあたるとこと、その影は想像を絶する温度差。
冷気で顔が痛い。

それでも急な階段を登って登って歩いて登って満喫してバスに戻る。
と、バスはどこにもいなくなってた。気付いたら集合の1時間遅れ。
かばんにさしてたミネラルウォーターはガッチカチの氷になってた。
2005-12-12 [ Mon ]


万里の長城。八達嶺長城。
2005-12-10 [ Sat ]


北京交通大学の近く。廃線。

 | HOME |  »

2019-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

POQUE

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。